クリアネオはすそわきが対策としても役立つ

MENU

クリアネオはすそわきが対策としても役立つ

 

クリアネオはわきが・足の臭いを抑えるために役立つ消臭剤で、殺菌・制汗成分により臭いを徹底して抑えます。臭いの発生源となる菌・汗の両方をブロックするので、臭い自体を発生させずに防ぐことができるのです。

 

しかも国産の医薬部外品で日本人の肌に合っていますし、無添加・無香料でパッチテストも済ませてあるので安心です。

 

すべての肌質に対応している消臭剤であり、特に臭いの強烈な部位に作用してくれます。
朝1回の使用で臭いを抑えられますし、女性はもちろん男性、子供も利用できるのです。

 

殺菌力は99.999%にもなり、翌臭作用は使用後30分で発揮されます。
使用者の多くが継続的に使用していることからも、消臭作用の強さがうかがえるでしょう。

 

肌質の弱い人にもクリアネオ

クリアネオはすそわきが対策にも使えるので、あそこの臭いが気になる方は入浴後に使用しておきましょう。
 

入浴時は股間をよく洗浄して菌・汗を落とし、入浴後は乾燥させてからクリアネオを使用してください。水分が残っていると薄まってしまうので、本来の効果を発揮できなくなります。

 

また長時間経過すると臭いが発生してしまうので、そうなると効果は半減してしまうのです。
無臭状態で使用することでその状態を維持できるため、臭いが発生する前に使用してください。

 

すそわきがは夏場になると臭いが気になりますが、対策は年間を通して行うべきです。
冬場はあまり汗をかきませんが、股の部分は汗がこもりやすいので思いのほか臭いがします。

 

自分が想像している以上に臭っていることが多いので、季節に関係なくケアをしましょう。
あそこの臭いをチェックする方法は簡単で、入浴前に指で触れてから指の臭いを嗅ぐだけです。
わきがとはまた違った臭いがしますが、通常の汗とは違って鼻につくような感覚があるでしょう。

 

股の部分は通気性が悪く、すぐに雑菌が繁殖してしまうのです。
わきがよりも気づきにくいですが、同レベルの臭いを発していると考えていいでしょう。
わきの臭いが強いなら、かなりの確率で股の部分も臭うはずなのです。

 

ひとたび臭いが発生してから消臭剤を使用しても、あまり効果が期待できません。
臭いを消すよりも抑えることが目的なので、無臭状態の肌に使用しないと作用は半減してしまうのです。

 

すそわきがを軽減させるためには、就寝時に通気性のよいパジャマを選ぶとよいでしょう。
通気性が悪くなると臭いが発生しやすいので、毎日着用する衣服にもこだわりたいものです。
特に股間は汗がこもってしまうと、ベトベトになってかゆみを伴うこともあります。

 

ベトベトを解消するためには菌と汗を抑えることが大切であり、特に制汗がポイントとなります。
汗が発生してから雑菌が繁殖するため、汗さえ抑えてしまえば菌の発生も抑えられるわけです。
汗かき体質の方ほど臭いが強くなりやすいので、体質改善をするなどの工夫も必要でしょう。

 

デトックスケアも大事

 

 

体内毒素がたくさん蓄積している方は体臭が強くなるので、デトックスケアも行いたいものです。
体内に溜まっている毒素を排出してしまえば、体臭はかなり弱くなります。
 

毒素が溜まっている方の特徴は、代謝が悪いこと、動物性脂肪をよく摂ること、血流が悪いこと、などがあげられます。

 
これらに該当する方は汗が臭いやすくなるので、体質改善からしていく必要があるでしょう。
体臭は体内から発生するので、消臭剤に加えて内側からのケアも行いたいものです。
 
毎日半身浴でゆっくりと温まる習慣を身につけると、かなり臭いを抑えることができます。
身体を温めると代謝機能が高まるので、毒素をスッキリと排出できるのです。

 

ホルモンバランスの乱れも体臭の原因となりますから、睡眠リズムにもこだわっていきましょう。
夜ふかしをする方はホルモンバランス、ターンオーバーなどが乱れやすいので注意しましょう。
睡眠時間は8〜9時間を目標にとるのが好ましいので、起床時刻から逆算して就寝時刻を決めていくといいです。

 

アポクリン汗腺から生じる汗はベトベトしており、通常の汗よりも落ちにくいです。入浴して全身がサラサラになっても、わきがの臭いは若干残っているという方は多いでしょう。

 

こうした方はデリケートゾーンも臭っている可能性があるので、念入りに洗うようにしてください。

 

湯船に浸かって汗と皮脂をやわらかくしてから洗うのが基本であり、殺菌作用のある石鹸を使用するとよいです。
 
スポンジで強くこする必要はなく、指の腹を滑らせるように洗うだけでも十分です。
クリーミーな泡を作ってから洗うのがコツであり、泡立てネットを使用するとよいでしょう。
 
ゴシゴシとこすってしまうと肌を傷つけますし、乾燥肌からニキビなどの肌トラブルが発生することもあります。デリケートゾーンは非常に繊細なので、軽く洗浄するだけで問題ありません。

 

 

汚れがしっかりと落ちていない方は、湯船に浸かる前に洗っていることが多いです。

 

同じように洗ったとしても、入浴前と後では汚れの落ち方がまったく変わってくるのです。